アラフォーの憂鬱。心に元気がない時乗り切る方法とは?


スポンサーリンク

最近、どうも気分が上がらないな、憂鬱だな。と思う事はありませんか?気分の上下は誰にでもあることですが、それが長く続くときは要注意

私たちアラフォーになると、若い時とは違う身体心配事に心がついていかないこともしばしば。私もよくあるのでそんな時どうすれば乗り切れるのか一緒に考えていきたいと思います。

アラフォーは喪失感が出やすい世代?

woman-1006100_640

人生も折り返し地点にたった40代。実はこの年代は一番喪失感が強いのだとか。

原因としては

・ある程度子供も大きくなって昔ほど手がかからなくなった

・パートナーとの関係がうまくいっていない。

・仕事で責任が大きくなりストレスが増える

・体力が昔よりなくなってきたなど身体の変化

などがあげられるそう。

確かに子育てと仕事と家事に追われていた30代前半は考えなかった悩みが少しずつ増えてきている気がします。

こんな症状はありませんか?

http://www.gatag.net/

・なんとなく元気がでない

・朝起きられない

・人と会いたくない

・つねに、眠くだるい

・頭痛や湿疹など身体の不調

こういった症状が出ている場合は注意。この状態は「抗うつ状態」と言うそうで、まだうつ病ではありませんが、心と身体からサインが出ている元気のない状態です。

どうすれば元気な自分に戻れる?

思い切って放棄する!

出典:http://www.gatag.net/

これって出来そうでできないですよね。休みの日も疲れているのに家族の為に朝ごはんを作ったり、夕飯の心配をしたり・・・せかっく友達と飲みに出かけるのにその前に買い出しをして、夕飯を作ってから出ていく。なんて習慣が身についてしまっていませんか?

私もなぜか出かける前に夕飯を作っていかないと罪悪感みたいのを感じる自分がいます。夫は出かける時はそれだけしか考えていないのに・・・

って事で少し肩の荷を下ろして今日は休みの日。食事もどうするかは夫に決めてもらいましょう。もちろん予算は決めてですが(汗)

ママも妻も放棄して1人、休みを満喫したいですね!

もちろん、状況的にそれが叶わない方もいると思うので出来る範囲で試してみてくださいね!

大声を出してみる

girl-15754_640

 

この年代になると、周りを気にせずに大きな声ではしゃぐ事ってほとんどないですよね・・・(泣)

私の1番大声を出してストレス発散できる機会はライヴなんですが、年に1回あるかないかなのであまり・・・ですね。

スポンサーリンク

その代り、1人でドライブする事があります。若かりし頃に流行ったお気に入りの音楽を書けながらノリノリで大声で歌いながらあてもなく1時間ほどドライブするだけで結構スッキリします。

最近は一人カラオケボックスも沢山あるので抵抗ない方はそれも楽しそうですね!かなり効果があると思うのでぜひ試してみてください。

他人と比べない

出典:http://www.gatag.net/

分かってはいるけど、つい周りと比べてしまうことはありませんか?ウチはウチと思ってもつい、友達の優秀な子供と比べてしまったり、協力的なダンナさんと比べてしまったり・・・

他人をうらやんでも仕方ない。今までしてきたことはすべて無駄ではないのです。悲観的になるのを辞めてプラス思考転換を目指しましょう!(なかなか難しいのが現実ですが・・・)

メンタルクリニックに行ってみる

hospital-908436_640

私自身、パニック障害があるのでメンタルクリニックに行くこともあるのですが、思ったより沢山の人であふれています。初めて予約するときなんて周辺のクリニックはなかなか空きがありませんでした。

行ってみて、若い人からお年寄りの方まで沢山の人で混み合っている院内をみて、みんな専門家を頼っているんだな~と妙に安心した記憶があります。

それに専門家に気持ちを聴いてもらうだけで、とっても落ち着いたので、ぜひ気になる方は早めにメンタルクリニックを受診してみてください。意外に敷居は低いですし、重症になる前に糸口が見えるかもしれません。

友達に連絡をとってみる

出典:http://www.gatag.net/

最近連絡してないな~。どうしているか気になっている友達はいませんか?ぜひ自分から連絡を取ってみましょう

久しぶりに連絡を取ると、私も連絡取ろうと思ってた~なんて返ってくると嬉しくなりますよね!元気にしてる?そう気遣いあう友達ってかけがえのないもの。

家族以外にも私を心配してくれる友達がいる。」そう思うだけできっと心が元気になるはず。ぜひ自分から連絡してみてください。

まとめ

いかがでしたか?よくある「趣味をみつける・・・」とか「疲れを溜めない」とかは省いてSympa的方法をご紹介してみました。

“それは無理でしょ!”とか、”そんなんで憂鬱な気分を跳ね返せない”そう思われる方もいらっしゃるかと思いますが、1つでも参考になればと思います!

Sympa!【サンパ】は、今後もCafeタイムに読みたい記事をどんどんアップ予定!ブックマーク登録よろしくお願いします♪

http://sympa.tokyo/TOKYO_BRAND_LOGO

 

 

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアラフォーMom'sをフォローしよう!

Naomi

主に子育て、旅行・お出かけ関係のフリーライターをしています。 結婚後、旅行好きが高じて短時間勤務で大手旅行会社の企画室や旅行予約センターで働いた経験有。 私生活では2人の男の子を子育て中でバタバタの毎日。それでも仕事はしていたい性分で”家庭”と”仕事”を両立させようと日々頑張っています。