【気になるコト追及】EXILE, 三代目JSB所属のエンタテインメント企業LDHのビジネスを真面目に調査


スポンサーリンク

今年、デビュー15周年を迎える EXILE。そして、その「弟分」という位置づけで6年前にデビューした三代目J Soul Brothers は、今や本家 EXILE をしのぐほどの人気グループに成長しました。更に女の子版 EXILE とも言える E-Girls  や、人気急上昇中の GENERATIONS、俳優業をメインにする劇団 EXILE など、LDHという芸能プロダクションに所属するアーティスト・タレントが、近年活躍の幅を広げています。

私は三代目好きなのですが、同年代のアラフォーにその話をすると大抵が「えっ、そうなんだ・・・」という反応です(苦笑)まぁ、わからなくもありません。私も初期の EXILE が苦手な方だったので・・・。黒いし、ヒゲだし、ガラ悪いしというイメージしかなかったです・・・。

今や、人数が増えて爽やかになりました(笑)

時代の流れとニーズに沿って、「人の好さそうなアニキ路線」(←個人的見解)にソフトランディング。そんな流れに乗り、私もファンクラブに入ってライブに行くほどに夢中になってしまいました!

好き嫌いはあるでしょうが、こんなに長い期間 EXILEとその関連グループ(彼らの言い方だと “EXILE TRIBE”)が第一線で人気を維持・拡大し続けているのは、アーティストとしての魅力はもちろんですが、LDHという企業の経営手腕にも躍進の秘密があるのではないかと考えました。 そう、会社・ビジネスとしての LDH にも、すご~~く興味を惹かれるんです!

そこで、気になることは追及!今回は、興味がない人にはまったく興味がないであろう、株式会社LDH のビジネスに迫ってみようと思います(笑)

まずはおさらい!LDHとは?

出典:https://www.ldh.co.jp/

Love, Dream, Happiness の頭文字を取って「LDH」。前述のとおり、EXILEをはじめ、三代目 J Soul Brothers などの人気アーティストを抱える芸能プロダクションです。モデルの佐田真由美や岩堀せり、RIKACOも在籍。意外なところでは、大衆演劇で有名な早乙女太一やシンガーのクリスタル・ケイ、他プロサーファー、格闘家、脚本家等も所属しています。

芸能プロダクションとご紹介したものの、そのビジネスは幅広く、和食店や居酒屋、焼き鳥屋、蕎麦屋等の飲食業も経営。「24karats」というブランド名でアパレル業も展開しており、LDHは自らを総合エンタテインメント企業と呼んでいます。

出典:https://www.facebook.com/24karats.official/

更に、全国10カ所、海外2カ所でダンススクール「EXPG」を運営しているのも有名ですよね。

代表取締役社長は、EXILE の元パフォーマー・HIRO こと五十嵐広行氏。元々は、EXILEの初期メンバー 6人が出資して設立した会社と、HIROの知人だった森雅貴氏・広貴氏兄弟が経営していたモデル事務所とが合併する形で、スタートしました。

HIROさんのインタビューで、「やりたいことを紙に書いて、高校の先輩だった松浦勝人氏(エイベックス・グループ代表取締役)に見せたところ、”これを全部やるには会社をやるしかない”と言われたのがきっかけ」と話していました。会社経営に興味はなかったがやりたいことをやるために会社という形態にした、ということのようです。

LDH の売上はすごいらしい

2016年4月現在、従業員数148名(グループ全体では300名)、資本金 1,840万円と、会社の規模としてはそれほど大きくありません。売上高も公式には非公開になっています。株式も上場していません。

しかし、昨年公告された決算によると、第12期の純利益は、27億円!

出典:http://kessan-kanpo.blogspot.jp/

これは、過去最高益だったというLCC のピーチ・アビエーションや、ECサイト「ロハコ」が好調のアスクル、中堅証券会社である丸三証券の 2016年3月期の連結純利益と同等額。芸能プロダクションとしては、驚異的な利益だと言えます。

一方で、ダンススクール経営の EXPG の方は赤字。LDH の所属タレントは EXPG出身者も多いので、LDHとしては目先の利益よりも、未来の人材発掘と育成の為の投資という位置づけなのでしょうか。

スポンサーリンク

「人ありき」の経営方針

EXILE と聞いただけで先入観から眉をひそめる方々は、おそらく HIRO さんが持っているヤンキーっぽさを受け入れ難いのでしょう。確かに、先輩には礼儀正しく絶対服従という体育会気質があるのは事実のよう。メンバーもよくそんな逸話を語っています。

そういった部分は、「情」を重んじる企業体質に通じるようです。

LDH には、アーティストと社員が入社した際必ず配られるという一冊の書物があるそう。そこには、所属全員が心に刻む「社訓」が綴られているとのこと。ゲーテという月刊誌に掲載されていた文面を一部抜粋してご紹介します。

<アーティスト向け>

RULE. アーティストは、特別じゃない。一人の人間として、社会性が大切

RULE.「自由」をはき違えると、自分自身が損をする

RULE. ゴールが見えない世界で、原点はいつも、人のために

<社員向け>

RULE. 仕事をこなすのではなく、エンタテインメントを創っていく

RULE. 人間としてあたりまえのことを大切に

RULE. 初心を忘れず矛盾した行動をしない

などなど。家訓として子供にも読ませたいほどの立派さです(笑)

実際、三代目のボーカル登坂くんはテレビのインタビューで「アーティストは表に出るという役割なだけで、特別じゃない。イチ社会人であれとHIROさんに言われています」と答えていました。

三代目の岩田くんもドキュメンタリー映画の中で、スタッフがステージを撤収する様子を眺めながら「ありがたいことです。やって頂いていることを忘れちゃいけないですね」と語っていました。

規律と社会性を重んじる社風がアーティストにも浸透しているなんて、素晴らしいスタッフ教育力ですね。

LDHから学ぶべきことは

florence-1076151_1280

 

愛や夢、幸せといった理想を掲げて、人を喜ばせる。そんな使命感を持ってビジネスを展開するLDH。そうは言っても、企業ですから利益を追及しないといけません。おそらく、理想論だけでは成り立たない厳しい側面もあることでしょう。

それでも、ビジネスの原点を「人のため」「社会のため」に置く姿勢って、すごく大切だなと思います。人間って欲深いですから、お金が絡むとロクなことを考えないじゃないですか。権力を持つとより一層、勘違いしやすくなりますし。どこぞの知事のように・・・。

そういった意味で、HIRO さんはリーダーとしての素晴らしい資質が備わっているのでしょうね。

人の上に立つ人には、やはり私利私欲ではなく「人のため」「社会のため」という大きな目線を持って欲しいなと思ってしまいます。実際、LDHは社会貢献活動にもだいぶ力を入れています。障がい者のためにサーフィン教室や子供のための自然体感型ダンスキャンプの開催などなど。

最後に 社長である HIRO さんにこれだけはお願いしたい!「所属タレントやスタッフが不祥事を起こさないように、これからもしっかり教育してください!!」と。

もし、そんなことが起きたら Love, Dream, Hapiness の理想が一瞬のうちに崩壊してしまいます。LDH所属アーティストを応援する若者たちの為にも、本当にそこはお願いしたいです。はい。

Sympa!【サンパ】は、今後もCafeタイムに読みたい記事をどんどんアップ予定!ブックマーク登録よろしくお願いします♪

http://sympa.tokyo/TOKYO_BRAND_LOGO

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアラフォーMom'sをフォローしよう!

Nao Goto

IT業界で長年勤務後、結婚~出産を経て、専業ライターへ転身しました!飽くなき好奇心を活かしてWEB媒体を中心に記事を執筆中です。シャイな7歳男子と、頑固な4歳女子の2児の母。自分の人生も子育てもどちらも楽しみたい♡ 欲張って奮闘中。