値下げ商品が続々!円高のメリットで8月から値下げされる商品がこんなに♪物価との関係が分かる為替もチェックしてみよう!


スポンサーリンク

最近の円高で8月から値下げされる商品が沢山あるのをご存知ですか?大きな金額ではなくても値下げと聞くとやはり嬉しく感じますよね♪でも細かく家計簿をつけていないと意外と気付かないことも・・・。そこで今回はどんな商品が値下げになっているのかご紹介します!物価との関係が分かる為替に興味が沸くかも!?

どのぐらい円高に?

昨年2015年の12月に1ドル=123円ほどだったのを覚えていますか?その後、年明けには少し円高になりますが、2月ではまだ1ドル=120円を付けています。

その後徐々に上がり、春は1ドル=110円~115円で推移していたんです。ところが6月に入るとまた急速に円高が進み、イギリスの国民投票を受けてついに100円を切ることに!これは一時的でしたが、8月2日現在、1ドル=102円

こうしてみると、120円だった時から半年で20%近く円高になっているんです。海外旅行をするとダイレクトに実感しますが、これはかなりの差。

この前コストコへ行った時もなんとなく以前より全体的に安い印象だったのはその為だったんですね♪他にも円安で輸入品の仕入れコストが減ったという理由で8月から値下げされることが決まっている物が沢山あるんです!

ガス・電気料金

出典:http://internetcom.jp/wmnews/20151225

7月に続き8月も値下がりになる、電気ガス天然ガスや石炭の価格が下がった為で、東京ガスは123円大阪ガスが127円の値下げになっています。

電力会社では東京電力が107円関西電力は57円の値下げ。一番値下げ幅が大きいのが中部電力で159円。ただ、原油は上がっているので、沖縄、北海道北陸はわずかながら値上げに。

100円以上も値下げになっていると聞くとうれしいですが、この情報を聞かないと気付かない人も多そうですね・・・。(私も)

ブランド品

出典:http://www.cartier.jp/

価格が高いだけに値下げの金額も大きくなるブランド品。「カルティエ」は8月5日から10%ほどの値下げを発表しています。30万円のバックが27万円になる訳ですから、けっこう違ってくるかな、と。

新しく購入するだけでなく、修理価格も改定されるそうなので、眠っているブランド品を生き返らせられるかも!?

カルティエだけでなく、高級時計IWCも値下げを発表しています。

じゃあ、「他も全般的にブランド品が下がるのでは?」と思いますが、そうでもないようで、簡単には値下げできないブランドの事情があるようです。

無印良品

出典:https://www.muji.com

前回の決算で売り上げ高が前年同時期の13%増営業利益も20%増絶好調の無印良品。客単価も高く、好調を維持しています。

ですが、下期は「ずっと良い値。」というお手頃価格の商品を増やす方針を打ち出していて、より求めやすい商品が増えるとのこと。

定番の3足セットの靴下は昨年末に990円から1200円に値上げしましたが、8月には990円に戻すのだとか。数字を見ると丁度円高になった20%分を元に戻すという事なのでしょう。

個人的には アロマディフューザーを愛用しているのでオイルが値下げになると嬉しいです♪

スポンサーリンク

小麦粉

家庭用の小麦粉でおなじみの日清製粉。黄色い袋が目印の「フラワー1キロ」やパン作りに欠かせない「カメリヤ1キロ」が1%~2%値下げになるそう。

業務用の天ぷら粉なども値下げを発表しているので外食産業や加工品の改定にも貢献しそうです。

ただ、円高の金額から見ると・・・もう一声!と言いたくなる値下げ幅ですね(汗)

海外ツアー

wing-221526_640

 

ツアー金額も円高に振れることにより、ホテルの仕入れ価格やバス代などが下がるため、安くなる傾向があります。調べてみると、すでに”円高まつりツアー”というキャンペーンをしている旅行会社も。

現地に行ってから滞在費やお買い物も安くて済みますし、海外旅行にとって円高は旅行するチャンス。実際に国外への渡航者数もかなり増えるそうです。ただ、来日する外国人観光客には少々メリットが減りますね・・・

海外に行きたい私としてはとにかく世界の治安が安定して欲しい。と願う今日この頃です。

円高のデメリット

出典:http://www.woman110.com/200807/no94.html

最後に触れておきたいのが、円高のデメリット

上述したように円高は物が安くなる傾向が強く、必要以上にこれが進んでしまうとデフレの状態になる恐れがあります。このデフレになると、安くないと物が売れなくなり、企業の売り上げがさがるので給料まで下がるという現象。さらに所得が少なくなるので物が売れない→また値段を下げるというデフレスパイラルに陥ってしまう危険があります。

以前、この状態になった日本。牛丼が200円だったり、ハンバーガーが80円になっていた記憶が蘇ります。

ほどほどが丁度いい!?

出典:http://www.karimoku.co.jp/

長男が小学校入学する際に揃えた机とランドセルの値段を参考にしていた私。春に下の子にも学習机を探した際にあまりに値段が上がっていてびっくりしました。

お店の方も「3-4年前より2-3万円上がっています」と。ランドセルも同じメーカー、同じ種類でも万単位で上がっているのだとか。

なぜ?と思って4年前為替を調べてみると当時は円高で1ドル=80円を切っていた時代でした。これでは金額に差があるのは仕方ないですよね(汗)

あのころはデフレだった思うので円高すぎるのもよくありませんが、あまり円安なのも物価が上がってしまうので庶民には・・・結局は行き過ぎた円高、円安にならずに推移するのが理想。あまり為替に興味ない方も生活に直結してくる数字なので、たまにはチェックしてみてくださいね♪

Sympa!【サンパ】は、今後もCafeタイムに読みたい記事をどんどんアップ予定!ブックマーク登録よろしくお願いします♪

http://sympa.tokyo/TOKYO_BRAND_LOGO

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアラフォーMom'sをフォローしよう!

Naomi

主に子育て、旅行・お出かけ関係のフリーライターをしています。 結婚後、旅行好きが高じて短時間勤務で大手旅行会社の企画室や旅行予約センターで働いた経験有。 私生活では2人の男の子を子育て中でバタバタの毎日。それでも仕事はしていたい性分で”家庭”と”仕事”を両立させようと日々頑張っています。