【体験レポート】バーベキューは手ぶらで♪新豊洲「THE THIRD PARK(WILD MAGIC)」で気軽にBBQ Party!


スポンサーリンク

夏のアウトドアレジャーの定番と言えば、バーベキュー!外でワイワイガヤガヤしながら、肉をジュージュー焼いてビールをクイっと・・・。たまりませ~ん!でも、下準備や用意がちょっと大変。

バーベキューはしたいけど、面倒なのはイヤ。そんなわがままさんのニーズに応えてくれるのが「手ぶらバーベキュー」です。

食材も道具もすべて現地で用意してくれるので、身一つで行けばオッケー♪ 今、手ぶらで行けるバーベキュー場が都内に増えています。

そんな数ある手ぶらバーベキュー場の中でも人気が高いのが、新豊洲「THE THIRD PARK(WILD MAGIC)」!

一カ月前の予約開始と同時にすぐ埋まってしまうというこちら。人気の秘密はなんでしょう!?

先月下旬、友人達とこちらを訪れたのでレポートします♪

★追記:以下の記事は2016年8月のものです。2017年4月にリニューアルしたそうなので、現状と異なる場合がございます!

新感覚BBQスポット「THE THIRD PARK(WILD MAGIC)」は、こんなところ

出典:公式HP
出典:公式HPより

本場アメリカンスタイルのバーベキュー体験がコンセプトの施設。その為、肉や野菜等はこだわりの味付けで下ごしらえされています。

敷地内には、アメリカンカーゴトレイラーーやコンテナ、キャビン等がところどころに配置され、他のバーベキュー場とはちょっと違ったオシャレな雰囲気。区画ごとにテントが張られていて、食べるスペースはウッドデッキになっているので雨や汚れを気にしなくても大丈夫です。

IMG_9433

東京湾近くのパーク内からは、東京タワーやスカイツリーも見渡すことができる景観の良さも素敵。

広大な敷地を誇りながらも、ゆりかもめ新豊洲駅から徒歩2分というアクセスの良さも魅力です。区画によっては、車でそのまま乗り入れることもできるので小さなお子さん連れのファミリーも安心ですね。

2

「THE THIRD PARK(WILD MAGIC)」を満喫するための小技をご紹介!

1.ハイシーズンの予約は激戦なので覚悟を・・・

ハイシーズン(7,8,9月)の週末は、かなり激戦です。こちらは1か月前にネット予約を開始します。予約に必要な会員登録(無料)を事前に済ませておき、希望日の1か月前 午前0:00 になったら即アクセス!この方法しかありません。気合いが必要になります。

2.プランを選ぼう

ざっくり分けると、ランチプラン・ディナープラン・キャンププランの3つ。

プラスして、希望の区画を選ぶという方法になります。

一般的なのは、上の写真のようなテントサイトですが、こんなオシャレなキャビンで「グランピング」を行える区画もあります。

出展:https://the-third-park.com/

「Go-Cam」プランでは、バーベキューの後そのまま宿泊が可能。朝食もついています。

出展:https://the-third-park.com/

素敵~。ちなみに、宿泊プランは20歳以上しか利用できません。子連れファミリーはちょっと残念。

3.ドリンクの手配は必須!

bottles-977762_1280

食材や道具は用意済みですが、実はプランにドリンクは含まれていないんです。

飲み物なしのバーベキューなんて、キツ過ぎます(笑) パーク内でも購入可能ですが、ちょっとお高い。

スポンサーリンク

なので、ドリンクは持ち込みがおすすめ。さらに、重いのはイヤという方は、宅配サービスを手配しておくのがベストです。パーク内には業者は入場できませんが、駅付近やエントランス前で受け取りが可能になっています。

わたしたちも、お酒の出前・宅配で有名な「カクヤス」に事前にオーダーしておき、当日駅付近で受け取りました♪

4.小学生以下は無料!子供たち用の食品や足りないグッズを持ち込もう

IMG_9341

食材はもちろん、炭や軍手にいたるまで必要な用具類はすべてセットされているのですが、持ちこんだ方がいいものもあります。

まず、ドリンクを手配した場合はカップを忘れずに!ビール等、缶そのままなら問題ないですが、ワインやジュース等の場合はないと困っちゃいますよね。

そして、こちら小学生以下は無料なのですが、その分食器やお箸類は子供の分は用意されていません。必要な場合は、紙皿などを持ち込んだ方が良いでしょう。

お肉はボリュームがあるので、小さいお子さんなら大人の分を取り分けてあげることで十分足りると思いますが、足りないのが心配なら、パンや追加食材等も持っていくと安心かもしれません。

ゆっくり飲みたい方は、おつまみもぜひ(笑)

3

IMG_9378

用意されている食材は、

  1. アメリカン・スモーク・ステーキ
  2. シュラスコ・ポーク
  3. 旬の野菜盛り合わせ(串刺しにします♪)
  4. ポップコーン
  5. マシュマロ(アーリープランにはつきません)
  6. ビア・カン・チキン

特にビア・カン・チキンには注目!ビールの蒸気を利用してチキンを丸焼きにするというワイルドな料理なんです。

出展:https://the-third-park.com/

どれも自分たちには出来ない味付けですし、なかなか用意しづらい食材ばかりだったので大満足でした!

味も雰囲気も抜群なのに、とってもお手軽。人気なのがわかります。

4

新豊洲地区は、他にも話題のバーベキュースポットが林立しています。

白い砂を敷き詰めた550坪の人工ビーチを目前にバーベキューを楽しめる「THE BEACH55」も、素敵で気になります!(2016/12/13追記:豊洲での営業は、2016年10/16を持って終了となりました)

出展:http://thebeach55.com/

私が若かりし頃は、バーベキューと言えば河原が主流でした(笑) こんなにオシャレにバーベキューできるなんて、いい時代ですね♪

手軽で気軽な手ぶらバーベキュー、忙しいアラフォー世代にもおすすめです。

 

sympa!【サンパ】は、今後もCafeタイムに読みたい記事をどんどんアップ予定!ブックマーク登録よろしくお願いします♪

http://sympa.tokyo/TOKYO_BRAND_LOGO

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアラフォーMom'sをフォローしよう!

Nao Goto

IT業界で長年勤務後、結婚~出産を経て、専業ライターへ転身しました!飽くなき好奇心を活かしてWEB媒体を中心に記事を執筆中です。シャイな7歳男子と、頑固な4歳女子の2児の母。自分の人生も子育てもどちらも楽しみたい♡ 欲張って奮闘中。