どう思いますか?「世帯収入の高さと学力の高さが比例する」と言われている件!


スポンサーリンク

子育て世帯で大きな支出の割合を占めるのが教育費。学費、塾、習い事。かけようと思えば、どこまでもかけられるまさに天井知らずの支出です。

わが家は、小学1年生の息子と保育園児の3歳の娘なので、まだそこまで実感としてはないのですが、これから先は教育費用捻出との闘いになるのでしょうか?(笑)

子供達の習いごとや教育について考えて色々と調べていたら、「世帯収入の高さと学力の高さが比例する」という文部科学省の調査結果があることを知りました。以前、『6人に1人が・・・。日本に広がる格差「子供の貧困」ってどういうことなんだろう?』という記事を書いた通り、親の経済力が子供の学力、ひいては将来に繋がってしまうという問題に関心がある私としては、非常に気になる部分・・・。今回、この件について詳しく調査しました。

文部科学省とお茶の水女子大学による調査&研究結果

以前から漠然と語られてきたことですが、行政が具体的に調査をするということは国としてもこの問題に危機感を抱いているんでしょうね。

以下、文部科学省白書(平成21年)に公開されている「家計の教育支出」からの抜粋です。

図表1-1-10 児童の正答率と家庭の世帯年収
出展:平成21年度文部科学省白書より

この調査では、世帯年収を200万円未満から1500万円以上という12段階に分けて、国語と算数の平均点を出しています。この結果、世帯年収200万円未満から、1200~1500万円未満まで子どもの学力が世帯年収と正比例するという結果に!(年収1500万円以上の世帯は、1200万円~1500万円の世帯に比べ正答率は下がっています)。

また、お茶の水女子大学による調査研究(レポート全文はこちらに公開されています)では、家庭の文化的行動についてや学校外での教育費支出額まで非常に事細かな結果と分析が報告されています。

これらを総合して、「世帯年収の高い家庭の子どもは高学力」であり、「学校外教育支出の多い家庭の子どもの学力は高い」「学校外教育支出は家庭の経済力と強い関係がある」と言えると結論づけらています。

学校外教育支出、つまり塾や習い事等ですよね~。うーん、学校教育だけじゃダメってことなんですか? 塾ありきの学力向上って、なんだかしっくりこないです。でも、これが現実なんですかね。そうなると、学校外教育費をかけられる家庭とそうでない家庭との格差はますます広がるばかりですよね・・・。

背景にあるのは家庭環境

101d1b6b5bcffbc236f28ff586ce7fda_s

スポンサーリンク

しかし、お茶の水女子大学によるこの研究では、さらに踏み込んだ部分も調査しています。それは、両親の最終学歴や年収を「家庭の社会的背景(SES)」というスコアにしたもの。

さらにSESスコア別の考え方、子供への接し方、行動等も調査。具体的に言えば、「子供と図書館に行く頻度」「ニュースや新聞を読んで子供と時事問題について語る頻度」「携帯ゲームをする時間やカラオケに行く頻度」「親が子に期待する学歴」「朝食を食べるか」「眠らせる時間」「クラシックコンサートや美術館、博物館に行くか」などなど、実に細かい

その結果は、「子供と図書館に行く頻度」「ニュースや新聞を読んで子供と時事問題について語る頻度」といった文化的行動指数が高い家庭は、子供の学力も高い。「携帯ゲームで遊ぶやカラオケに行く」のような娯楽要素を重視する家庭は、子供の学力も低い傾向。

つまり、世帯年収が高い=両親の学歴も高め。さらに言えば、そのような家庭は「日ごろの行動意識も高く、生活習慣も規則正しい」割合が高いということのようです。なので、世帯年収が高いと子供の学力が高いというのは、だいぶざっくり結びつけた総論。突き詰めていけば、その背景には生活習慣やしつけ、両親の考え方、行動等、様々な要素が絡んでいるということがわかってきます。

じゃあ、どうすればいいのかしら?

boy-286240_640

こうして調べた結果をみると、塾へ行かせれば成績が上がるとか、そんな単純な結論で片づけない方が良さそうですよね!教育費はただかければいいということではなく、やっぱり子供の意識を高めることと、知的好奇心を刺激することが大切かなと感じました。

調査結果にもありましたが、親自身も社会の情勢に関心を持って家庭内で話題にする、読書をするといった姿を見せることは大切かもしれませんね。

元気に遊んで学ぶためには、基礎体力も大事。その為には、規則正しい生活栄養バランスの取れた食事が重要になってきます。

こうしてみると、経済力もさることながら、親側の気持ちと時間的な余裕がないとなかなか難しい~汗

でも、逆に言えば、文化的・教育的環境を親が作ってあげれば、経済力の差は埋められるということですよね!公立の博物館や公共施設は、安価・もしくは無料で利用できますし、図書館で本を借りれば、いくらでも読書が出来ます。

親の方で色々と気付いて意識すれば、教育費を上手に配分できそうですよね♪

Sympa!【サンパ】は、今後もCafeタイムに読みたい記事をどんどんアップ予定!ブックマーク登録よろしくお願いします。

http://sympa.tokyo/TOKYO_BRAND_LOGO

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアラフォーMom'sをフォローしよう!

Nao Goto

IT業界で長年勤務後、結婚~出産を経て、専業ライターへ転身しました!飽くなき好奇心を活かしてWEB媒体を中心に記事を執筆中です。シャイな7歳男子と、頑固な4歳女子の2児の母。自分の人生も子育てもどちらも楽しみたい♡ 欲張って奮闘中。