飛行機での子連れ旅行のコツ!航空会社(JAL)のサービスを使いこなして楽ちんに♪


スポンサーリンク

旅行好きのパパ・ママは多いもの。独身時代や出産前はバンバン海外旅行に行っていた、なんていう方もいるはず。

しかし、子供が生まれてからの旅行、ましてや飛行機に乗せるとなると、密閉された機内での長時間移動ゆえに少々不安になる気持ちもわかります。出来るだけ子供をぐずらせず、快適に過ごしたいものですよね。

そこで、子連れでの飛行機旅(わが家はいつもJAL利用)便利だったサービスをまとめました。

ご参考ください♪

子連れに便利なサービス

1.ベビーバシネット(国際線)

IMG_5899

2014年、娘が生後9ヶ月の時にマレーシアのクアラルンプールに行きました。片道7時間30分かかるので、結構な長旅。

その時はこの機内用の赤ちゃんベッド「ベビーバシネット」が、とても役立ちました!体重10.5kg の2歳未満の赤ちゃんを寝せられる取り付け式のベッドです。

取り付けられる位置は決まっていて、ギャレーのすぐ後ろ等前面に壁がある座席足元のスペースが広くてよかったです。バシネットを外すとこんなに広い。

IMG_5886

バシネットは、事前予約必須。ネットでポチっとはいかず、改めて予約センターに電話して希望を伝えました。

バシネットを利用するメリットは、ずっと抱っこという状態を避けられること。10kg未満とはいえ、長時間の抱っこは暑いし疲れますよね。

デメリットは、お子さんによるでしょうが、そう簡単にはこの中で寝てくれないことでしょうか(笑)

2.離乳食&幼児食(国際線)

IMG_5888

やはり事前予約が必要ですが、ポーチにセットされた離乳食セットを提供してもらえます。エプロンもついていて、ちょっとした記念品になるかも。

IMG_5889

当時3歳だった息子には、チャイルドミールを予約。大人の機内食ほどの量は必要ないので助かりました。2歳以上12歳未満が対象。

IMG_5896

3.紙おむつ提供(国内線、国際線)




事前予約しておくと、花王「メリーズパンツ」M&Lサイズを用意しておいてくれます。しかし、1枚だけのパックだったので予備的に考えておいた方がよろしいかと思います。
そして、トイレには一応オムツ交換台があるにはあるのですが、私が搭乗した機体は、パタンと倒して使う普通の「板」で少々驚いた記憶があります。立てる赤ちゃんならいいですが、首もすわらないような乳児だと国際線機内トイレでのおむつ替えは大変かもしれません。

スポンサーリンク

4.調乳(国内線、国際線)

粉ミルクも一応用意してあるようですが、飲み慣れているものがよいでしょう。CAさんにお願いすれば、ちゃんと調乳もしてくれますよ。しかし、一度若いCAさんに頼んだ際、熱すぎてすぐに飲ませられなかったことがありました。育児経験のないCAさんには、なかなか難しいのかもしれませんね(笑)

5.キッズお出かけサポート(国内線)

IMG_8691

息子が小学1年生の夏休みに利用しました。

満6~7歳(満8歳~11歳は希望者対象)の子供だけで搭乗する際に利用できるサポートサービスです。具体的な内容は以下の通り。

  • 座席の指定が可能
  • スマイルメッセージ付(子供の健康状態等をCAに知らせるメモ)
  • JALオリジナルグッズをもらえる
  • 出発空港で搭乗口まで見送り者が1名付き添える
  • 到着後、到着ロビーまで係員が案内してくれる

CAさんが子供の様子を気にかけてくれることと、到着ロビーまで引率、親へ引き渡しまで責任持って見てもらえるのは安心です。

空港&機内でのおすすめの過ごし方

flyer-1277230_640

搭乗時刻にもよりますが、わが家はいつも乗り込む前に出来るだけ「発散」させるように心がけています。

  • キッズスぺ―スで遊ばさせる
  • 展望デッキで離着陸の様子を見せる
  • ショップでひとつだけおもちゃや絵本を買う

などなど。

現役のJAL CA の知人に尋ねたのですが、子連れでの長時間フライトには、やはりアニメ等のお気に入り動画を見せるのがとても有効だそうです。ポータブルDVDやアニメを保存したタブレット等を持ち込むのが、おすすめ。

ドリンクは機内でもらえますが、小さなお菓子やおもちゃは、お子さんのお気に入りを多めに持ち込んだ方がよいでしょう。シールブックや塗り絵等、手を動かして遊べるグッズもおすすめです。

持ち込むと便利なグッズまとめ

  • ポータブルDVDやタブレット等の動画再生機器
  • お気に入りのおもちゃ(赤ちゃんなら噛んだりなめたりできるものだと耳抜きにもなる)
  • 塗り絵
  • シールブック
  • 小分け包装された複数種類のお菓子

国内線でしたら、動画やお菓子でつないでいればあっという間に到着です。

国際線の場合は、寝てもらうのが一番ですが(笑)、もしぐずりだしたら、他の方の邪魔にならない程度に通路をお散歩すると、気分転換になって落ち着くことも。

暑い、寒い、かゆい、耳がつーんとする等、生理的な不快感でぐずるお子さんも多いもの。なかなか落ち着かない場合は、変わった様子がないか改めてよく見てみてくださいね。

便利なサービスを積極的に利用しつつ工夫して、快適な空の旅を楽しめるといいですよね!お試しあれ~。

sympa!【サンパ】は、今後もCafeタイムに読みたい記事をどんどんアップ予定!ブックマーク登録よろしくお願いします♪

http://sympa.tokyo/TOKYO_BRAND_LOGO

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアラフォーMom'sをフォローしよう!

Nao Goto

IT業界で長年勤務後、結婚~出産を経て、専業ライターへ転身しました!飽くなき好奇心を活かしてWEB媒体を中心に記事を執筆中です。シャイな7歳男子と、頑固な4歳女子の2児の母。自分の人生も子育てもどちらも楽しみたい♡ 欲張って奮闘中。