【関東】子連れで行きたい入場無料の学習施設&工場見学5選!


スポンサーリンク

子供が小さいうちは色々な場所にお出かけすることでしょう。

かくいう私も2人の子供を連れて、毎週のように外出しています!長男が小学2年生になり、様々な分野を理解できるようになってきて、ますますお出かけが楽しい今日この頃♪

ただ、出かければ出かけるほど費用がかさむのも事実です。

そこで、お出かけマニアのライターNAOが、無料で見学できる学習施設工場を5ヶ所セレクトしました。

今後のお出かけのご参考にどうぞ♪

1.JAXA 筑波宇宙センター(茨城県つくば市)

IMG_8769

宇宙航空研究開発機構、通称JAXA!その中枢センターとして活動している筑波宇宙センターは、宇宙好きキッズにとって見応え抜群の施設です。

敷地内の展示館(スペースドーム)・企画展示(プラネットキューブ)は、事前予約や受付は必要なく開館時間なら自由に見学可能です。

実物の宇宙服や「きぼう」日本実験棟の実験室、人工衛星など、大人の私でも思わず見入ってしまう興味深い展示内容でした。

IMG_8757

ただ、こちらはそう広くないので1時間もあれば一通りを見終わってしまう規模。

おすすめは見学ツアーです!こちらは、大人は500円(高校生未満は無料)と有料になりますが、「きぼう」の運用管制室宇宙飛行士養成エリアを見学することができます。普段なかなか見ることができない場所なので、貴重な体験!

WEBからの事前予約が必要になるのでご注意を。

IMG_8777

IMG_8788

過酷な選抜試験と訓練内容を垣間見て、宇宙飛行士に選出される方々がいかに優秀であるかがよーーくわかりました(笑)

同時に、宇宙開発が人類の英知最新の科学技術を結集して行われているということも実感し、感動!

公式HP ▶ http://fanfun.jaxa.jp/visit/tsukuba/

2.国立印刷局 東京工場(東京都北区)

DSC_0012

お札を製造しているのがこちら、国立印刷局東京工場です。お札が大量にある場所と聞くと、思わず頬が緩みませんか?(笑)

対象は小学生以上WEBか電話による事前予約が必要になりますが、無料で見学が可能です。

お札の製造工程偽造防止技術についても学べて、なかなか興味深い。1億円の重さを体験しながら記念撮影ができるコーナーもあります。本物の重みを体感してみたいものですね~。

DSC_0015

印刷場所はガラス越しに上から見下ろす形になり、裁断されていないお札の用紙束!それを見た時は、思わず「おおー」と声を漏らしてしまいましたね。

私たちの生活に欠かせないお金。でも、しみじみと眺めたりその製造工程について考えることって少ないですよね。生活に密着しているお金について子供と一緒に考えるきっかけになりました。

公式HP ▶ http://www.npb.go.jp/ja/event/kengaku/tokyo.html

3.さいたま市青少年宇宙科学館(さいたま市浦和区)

DSC_0100

秋の長雨が続いていた時、ネット検索して訪れました。入館無料の市営施設ということで、実はそこまで期待していなかったのですが、予想以上に楽しめました

スポンサーリンク

訪れた時は、段ボールで作られた滑り台や迷路の「段ボール宇宙遊園地」があり、子供たちは思い切り身体を動かして遊ぶことができました。

他には常設展示として、運動エネルギーの法則、電磁石の力、発電のしくみなどを体感しながら学べるふしぎ広場や、化石や岩石標本等が展示したるひまわり広場、宇宙についての展示物で構成される宇宙広場があります。

DSC_0101

こういった展示に遊びながら触れて、自然科学に関心が出てくれれば♪ そんな期待をしてしまう充実の内容でした。

プラネタリウムは有料(大人 510円、小人 200円(4歳~高校生))ですが、こちらも様々な番組が投影されていてかなりの観客を集めていました。ドラえもんが登場する番組は50分も長さがあり、私とパパはすっかりリラックスしてしばしお昼寝タイム(笑)

雨の日のお出かけ先として、バッチリでしたよ!

公式HP ▶ http://www.kagakukan.urawa.saitama.jp/main.html

4.ギャラクシティ(東京都足立区)

出展:http://www.galaxcity.jp/

わが家お気に入りの施設です!

3層式の網上で遊べるスペースあすれちっくや、クライミングパーク、自分の影でデジタル遊びができる「デジタルキャンパス」、体験キッドでものづくりできる「わくわくデスク」などなど、体感型の遊具が多いのが素晴らしい。これがすべて無料なんて!ほんとうに驚きです。足立区ブラボー!(笑)

出展:http://www.galaxcity.jp/

その分、休日はとても混雑していて、数時間後の体験用整理券をもらうために並ぶことが必須になります。覚悟を決めていきましょう。

公式HP ▶ http://www.galaxcity.jp/

5.リス―ピア2階(東京都江東区)

出展:http://www.panasonic.com/jp/corporate/center/tokyo/risupia/risupia.html

パナソニックのショールーム内に併設されている「リスーピア」理数の魅力と触れあうための体感型ミュージアムです。理数の原理・法則を楽しみながら学ぶことのできる展示内容で、大人も改めて学んだことを思い出すような内容でした。

ただし、振り子の原理や立体の体積、重心とモーメントなど、小学校低学年が理解するには少々難しかったかもしれません。息子は、同じフロアにあった「ニンテンドーゲームフロント」の方に目が釘付けになっていましたね汗

ちなみに、リス―ピアは2階が無料エリア3階は大人500円の入場料金がかかります。

わが家は、2階のみ入場しました。パナソニックキッズスクールという実験教室に参加した後だったこともあって、2階だけでも充分に楽しめました。

高学年近くなったら3階にも入ってみようかと思っています。

公式 HP ▶ http://www.panasonic.com/jp/corporate/center/tokyo/risupia.html

お得にお出かけを楽しもう!

入場無料でも充分に楽しめる関東周辺の施設をセレクトしてご紹介しました。

ここで、ご紹介した施設に遊びに行く時のおすすめをひとつ。それは、お弁当を持参すること!

ご紹介したのは1日中遊べる施設ばかりなので、午前中に訪れた場合は確実にお昼をまたいでしまいます。中にはレストランを併設しているところもありますが、ないところも多い。でも、食事を取れるスペースは確実にあるのでお弁当持参すれば、時間を有効に使える上に、ほとんどお金をかけずに遊べちゃう。さらなる節約お出かけにできます。

ぜひお子さんと一緒に楽しい思い出を、お得に作ってくださいね♪

Sympa!【サンパ】は、今後もCafeタイムに読みたい記事をどんどんアップ予定!ブックマーク登録よろしくお願いします♪

http://sympa.tokyo/TOKYO_BRAND_LOGO

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアラフォーMom'sをフォローしよう!

Nao Goto

IT業界で長年勤務後、結婚~出産を経て、専業ライターへ転身しました!飽くなき好奇心を活かしてWEB媒体を中心に記事を執筆中です。シャイな7歳男子と、頑固な4歳女子の2児の母。自分の人生も子育てもどちらも楽しみたい♡ 欲張って奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Loading Facebook Comments ...