【実録】えっ?走行中に落ちるなんて!何が起こるか分からない日常。危機管理を見直そう


スポンサーリンク


題名を見てえっ?と思われた方も多いと思います。あれはちょうど、1年ほど前、走行中に3歳だった次男が車から落ちるという衝撃的な出来事がありました。

そんな実体験を踏まえ、皆さまにも何が起こるか分からない日常見直すきっかけになればと思いこの記事を書く事にしました。

あの日の出来事

car-1168159_1280

仕事が終わり大急ぎで保育園で迎えに行った夕方。雨が降っていましたが、家から車で5分ほど。いつも通りの日常でした。

車に乗ると、後部座席でチャイルドシートは嫌がり、普通のシートへ。「シートベルトしなさいね~」なんていいながら確認をせずに発車。

大通りを3分ぐらい走り路地に入ります。そして最後の路地を曲がれば200mほどで家に着くいつものルート。ところが、この日は最後の路地を曲がった所で後ろのスライドドアが「ガガー」っと開く音

何してるの?走っている途中よ!!と止まった瞬間・・・後ろから「ギャヤー」の泣き声

・・・落ちてる!!!

血の気が引きました。私が後輪でひいてしまったかも、と。

ambulance-148747_1280

次男を抱えると血だらけ、でも意識ははっきりしています。たまたま、パパが仕事が早く終わり、家にいたのですぐに家に帰り、救急車を呼ぶことに。

私は救急車が来るまでパニック気味でした。でも次男の状態は幸い、血がでているのは鼻血で頭からなどは出血していませんでした。

その後、病院では一通り検査をして特に大きな異常はなく一泊入院で帰ることができました。が、1つだけ肺に血の塊が残ってしまい、消えるまで定期的にレントゲン検査をすることに。3ヶ月ほどで消えましたが、やはり、相当身体を打っていたのでしょう。

もし、後ろから車が来ていたら大通りだったら?私が後輪でひいていたら?きっと大事なわが子を失っていたでしょう。そう思うと今でも身の毛がよだちます。

日常の気の緩み

photo-1454923634634-bd1614719a7b

今回、私の経験から分かるとおり、何気ないいつもの日常が一変しました。その背景には気の緩みがあったと思います。

スポンサーリンク

子供が赤ちゃんの頃は本当に気を使っていいましたが、もう少しで4歳になるわが子はだいぶ自分で出来るようになり、1,2歳の頃のような危なっかしいところはない、そう思っていました。

まさか、走行中にスライドドアが開くなんて思ってもみなかった事でしたし、チャイルドシートもすぐ近くだし、とこの頃はあまりしていなかったように思います。

でも、どんなに近くても、子供が嫌がってもきちんとしなければいけなかった、そう反省しています。

(私の車は運転席の後ろはオートではなく手動の為、走行中でも開く仕様でした。ロックも走行中自動でかかるタイプではありません。恥ずかしながら、昔は勝手にロックが掛かるイメージだったのであまりドアロックを気にした事がありませんでした。)

危機管理を見直そう

自転車も危ない

cyclists-885609_1280

危険は何気ない日常に潜んでいます。車の運転はもちろん、自転車の運転も気を付けなければいけません。載せている子供はいつもヘルメットやベルトをしていますか

自転車で転んで、乗っていた子供が大けがをした例が最近、私の周りでもありました。このママはいつもより急いでいてスピードがでていたそうです。

防災グッズはありますか?

water-143989_1280

震災から5年経過した今、防災グッズを見直してみましょう。食料が手に入らないことを考えてある程度の水と保存食は必須ですね。

また、乾電池懐中電灯生理用品赤ちゃんがいる方はオムツやミルクなど、なければ困る物を震災の教訓として用意しておきましょう。

最後に

baby-864137_1280

いろんなニュースを見るたび、「他人事ではない、気を付けよう」そう思っても人は忘れやすい生き物。あんな思いをした私でも家に着いたら、ちゃんとチャイルドシートのベルトが閉まっていなかったなど、忘れそうになる事があります。

でも、ちょうど1年経つ最近は思い出すことが増えました。あの時、不幸中の幸いで最悪の事態にならなくて本当に良かった。

皆さまの”何気ない日常の幸せ”の中に潜む危険を見直すきっかけになればと思います。

Sympa!【サンパ】は、今後もCafeタイムに読みたい記事をどんどんアップ予定!ブックマーク登録よろしくお願いします♪

http://sympa.tokyo/

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアラフォーMom'sをフォローしよう!

Naomi

主に子育て、旅行・お出かけ関係のフリーライターをしています。 結婚後、旅行好きが高じて短時間勤務で大手旅行会社の企画室や旅行予約センターで働いた経験有。 私生活では2人の男の子を子育て中でバタバタの毎日。それでも仕事はしていたい性分で”家庭”と”仕事”を両立させようと日々頑張っています。