公開日:

初めての夏休みどうやって過ごさせよう?自然体験、キャンプ、イベント・・・小1ママ思案中


息子が小学校に入学して初めて迎える夏休み。学童クラブに通っているお子さんなら、ずっと学童ですよね。お弁当作りが本当に大変だという話はよく聞きます。

母親である私がフリーライターで在宅での仕事も多いわが家では、普段学童よりもう少し緩い放課後の子供の居場所プランにお世話になっています。これは、区が委託した団体が運営している学校での活動の一環で、夏休みも参加可能です。このプランと学校で行う水泳教室には出来る限り行かせるつもりです。

自分が小学生だった頃のことを考えると、夏休みは特別でした。朝から晩まで友達と遊んで、無限にある(ように感じていた)時間を自由に満喫していました。でも、時代は変わって危険が多い世の中。残念ながら、子供が自由に過ごせる環境ではないですよね・・・。生活時間が乱れるのも避けたいところ。

そういった理由もあり、まだ1年生ですし、今年は私の方である程度夏休みのプランやスケジュールを立ててあげないといけないかなと思っています。まだ、思案中ですが今考えているプランをシェアしたいと思います。

夏休みの過ごし方 ~ 日常編 ~

kid-673584_640

1.学校の居場所プラン+ 学校の水泳 + 習い事

基本はこれで。習い事は、スイミングと体育教室に週二回通わせているので、学校の水泳と合わせればカラダを動かす機会としてはまずまずでしょうか。私としては、家でゴロゴロ・ダラダラはイヤ。たまにはいいけど、毎日だったらきっとイライラしちゃいます(苦笑)

夏休みには、様々な場所で短期の水泳教室を開催しています。普段習い事に通っていないお子さんは、単発で通ってみるのもよさそうですよね。北島康介を輩出した名門 東京スイミングセンター(豊島区駒込)でも、毎年夏の短期水泳教室を開催しています。

 2.都や区などの公共施設利用

無料で利用できるのがいいですよね。夏休みならではの特別イベントも目白押し。近くの児童館や図書館もいいですが、有料の遊戯施設に劣らないほどの立派な設備を備えた公共施設も多いので、そういったスポットに遊びに行くのもいいですよね。

足立区の「ギャラクシティ」は、3層ネット式の大型アスレチックスペースやクライミングウォール、様々な体験キットが揃う “わくわくデスク” など、子供が楽しめるサービス&アクティビティが充実しています。

出典:http://www.galaxcity.jp/

プラネタリウム(こちらは有料)も併設していて、一日中遊べます。小学生には特におすすめ!

▲ギャラクシティHP http://www.galaxcity.jp/

夏休みの過ごし方  ~特別な体験編~

GBjvTQTou2D0KTHomMoA_IMG_1568

1.祖父母がいる田舎へ初めての1人旅

以前より、義父母が「ひとりで遊びにおいで」と、息子に声をかけ続けていました。そのせいか、今年の夏休みは「ひとりでふくおかにいく!」と高らかに宣言。おお~!行きますか!!

というわけで、1週間~10日間ぐらい??ひとりで福岡県の義父母宅へ行かせようと思っています。

JALには、「キッズおでかけサポート」というサービスがあるので、これを申し込み予定です。

出典:http://www.jal.co.jp/

キッズおでかけサポートは、6, 7歳(希望によって11歳まで)の同伴者がいない子供が対象で、以下のようなサービスを受けられます。

  • 座席指定
  • 子供の健康状態を客室乗務員に知らせる「スマイルメッセージ」の用意
  • 機内での子供向けオリジナルグッズのプレゼント
  • 到着後、到着ロビーまで係員が案内

機内でも、客室乗務員がきっと何かと気にかけてくれるでしょう。

スポンサーリンク

初めて長期間親元を離れて過ごす体験と九州のダイナミックな自然に触れて、逞しくなって帰ってくることを期待しています!

2.サマーキャンプへの参加

自然体験はぜひさせたい!私自身もキャンプをしたいので、一緒に行きたいところでもあります。

でも、本人としてはお友達と一緒のサマーキャンプに参加したいよう。確かに子供同士で遊んだり、協力しあったりするサマーキャンプはとても良い体験になりそうですよね。家族でキャンプに行くか、子供だけのサマーキャンプに参加させるか、両方行っちゃうか?検討中です。

3.都内の夏休み特別イベント

まだ小学1年生なので、宿題や自由研究はそこまでないのですが、こういった学習系イベントも良さそうですね。

「夏休み 宿題☆自由研究大作成」

出典:http://www.jma.or.jp/wakuwaku/index.html

様々な企業が参加して、子供たちの「学び」をサポートするプログラムを提供するイベント。過去には、「餃子博士になろう!」by 大阪王将、「スパイス&ハーブでオリジナルカレー粉を作ろう!」byエスビー食品、「親子で考えよう!わが家のスマホルール」byヤフーなどなど。興味深いプログラムが多数ありました。

このイベントは入場無料ですが、「事前登録制」になっています。7月1日に事前登録フォームが開設される予定なので、気になる方はイベントホームページをご確認ください。

小学4年生男子の夏休みの過ごし方 (2019.6.28更新)

実はここまでは、長男が小学1年生だった3年前の記事。

小学4年生になった今年の夏休みの予定はといいますと……。

  1. 学校のプール……なるべく参加させたいのは小4になっても変わらず
  2. 友達と自由遊び……小1の時と違って今となっては自由に遊びに行っています。宿題は朝のうちに!
  3. 祖父母宅へ1人で滞在……本人の希望により今年も一週間ほど行かせる予定です
  4. 家族旅行……夏休みに入ってすぐ3泊4日で北海道へ
  5. ボーイスカウトサマーキャンプ……3泊4日のキャンプに参加
  6. 塾の夏期講習……これが今までになかった部分!1日3時間半 × 14日間。がんばってきてー!

これらの予定を組み込むと、かなりあっという間に過ぎそうな予感です。

私が自宅にいる時のお昼ごはんは一緒に。仕事等で外出する予定の時は、作り置きorレトルト買い出ししておく予定です。

あれ?夏休みって意外と忙しい?(笑)

こうして挙げてみると、やること、行きたい場所、体験させたいことがたくさんでした!夏休みはあっという間かもしれないですね。

でも、夏休みは子供にとってゴールデンタイム!見たこと、触れたこと、感じたことすべてが心の栄養になると信じています。貴重な夏休み、皆さんはどんな計画を立てていますか?

Sympa!【サンパ】は、今後もCafeタイムに読みたい記事をどんどんアップ予定!ブックマーク登録よろしくお願いします♪

https://sympa.tokyo/TOKYO_BRAND_LOGO

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアラフォーMom'sをフォローしよう!

NaO

IT業界で長年勤務後、結婚~出産を経て、専業ライターへ転身しました!飽くなき好奇心を活かしてWEB媒体を中心に記事を執筆中です。シャイな9歳男子と、頑固な6歳女子の2児の母。自分の人生も子育てもどちらも楽しみたい♡ 欲張って奮闘中。