公開日:

【旅行記】バリ島へ家族旅行。東南アジア有数のリゾート地を満喫。


今回、約15年ぶりにバリ島へ行ってきました!「昔とだいぶ変わったよ」そんな声を聴くたびにまた行ってみたい!と思っていた場所。今回は思い切って子連れでバカンスを満喫してきました♪そんな我が家の旅の様子をお伝えします。

羽田からシンガポール航空でバリ島へ

今回使ったエアラインはシンガポール航空。口コミもよく、評判の良い航空会社なので必然的に期待度が上がっていた私。シートはとっても良いんですが、、、正直に言うと全般的に食事が合いませんでした(汗)残念。

でも、日本語の映画も充実しているし、子供向けのアニメもあったので、親子共々満喫できました。寝落ちする事なくあっという間に乗り継ぎ地であるシンガポールに到着。

ここから乗り換えてバリ島のデンパサール空港に向かいます。時間にして2時間半ぐらいのフライトですが、食事の提供もありバタバタしているうちに到着です。

羽田から9時間ほどでやっとデンパサールに着いた!と思いきや、入国が混み合っていて長蛇の列・・・結局ホテルに着いたのは10時ごろになってしまいました(汗)子供達もヘトヘトです。

泊まったホテル

今回泊まったのは「プルマンバリレギャンビーチ」。クタエリアの端、レギャンビーチ側にある大型のホテルです。

ホテルに着いてクタクタでしたが、きちんとお風呂に入って今日は就寝です。ちなみにお部屋は1ベットルーム。2つの部屋が1つになったお部屋は4人で十分な広さです。この部屋に5泊滞在しました。

観光した場所

今回は中4日のうち3日はお出かけして、1日はホテルでゆっくりと過ごしました。チャーターカーを利用してウルワツからウブドまで主要な観光地を巡ったのでその様子です。

観光1日目ウルワツ周辺

ウルワツ寺院で景色を堪能し、パダンパダンビーチへ➡ジンバランで夕食

よくガイドブックに載っているウルワツ寺院です。晴れた日の昼間だったので景色がクッキリ。とても美しい景色でした!本当は夕日を見た後、ウルワツ寺院でケチャを鑑賞するのがテッパンですが、ガイドさんが混むのでおすすめしない。との事。

今回は景色だけ見て退散しました。

ウルワツ寺院からそう遠くないビーチ、パダンパダンビーチへ。これぞ南国!という雰囲気です。クタよりは水が綺麗でしたが、超キレイという訳ではありませんでした(汗)でも雰囲気は良かったので〇。

この日最後はジンバランビーチで夕食です。浪打際で頂く夕飯は雰囲気抜群♪行く前は砂浜で大丈夫なのか?と少し不安でしたが、風が吹かない地域なのか、砂もまったく舞い上がらず快適でした♪観光スポット的な場所なので値段は張りますが、新鮮な魚介類も美味しかったです。

観光2日目

ウブドエリアでバギー➡大型ブランコ➡田園➡ケチャ

次の日はウブドへ向かいました。渋滞がすごいバリですが、ウブドまでは1時間ぐらいだっと思います。

まずは親子でバギー乗り場へ。

このバギー、親子2人乗りができて(写真は一人ですが、運転は親が一緒じゃないとダメです)森の中や深い水路を走ったり冒険気分で楽しめました!汚れますが、男の子には特にオススメです。

完全にインスタ映えスポットです。バリ島なのにこのブランコに日本円で1600円ぐらいかかります。でも子供は楽しそうだったので、仕方ないか(汗)

スポンサーリンク

ウルワツを満喫した後、最後はケチャを見に。ガイドさんが連れて行ってくれたので、なんという寺院か不明です(笑)

けっこう高齢のおじさんたちがケチャケチャ連呼する姿がシュールではありましたが、最後のファイヤーショー?はすごいの一言でした。なんだかんだ言ってこの日も夜まで満喫です。

観光3日目

この日はウォーターパークへ➡私だけクタエリアで買い物。

最後の一日はクタにあるウォーターパーク「ウォターボム バリ」へ。

出典:https://activities.his-j.com/TourLeaf/DPS0298/

いくつものスライダーや流れるプール、子供用プールなど充実しています。一番びっくりしたのが、更衣室や園内がとてもきれいだという事。更衣室では常に床を拭いているスタッフがいるので、全く濡れていないし、シャワー室も個室ですごくキレイでした。

流れるプールでは草花がサイドにあり、適度に日陰というのが快適そのもの。日本でプールというと辛い炎天下のイメージがあるので。

ただ、我が家は5時間ほど滞在しましたが、子供達がスライダーに意外とハマらなかったです。小学生にはやはり怖いのかな(汗)私は・・・久しぶりの本格的なスライダーでしたが、思ったより平気でした♪

その後、私はクタのショッピングエリアで降ろしてもらい、一人でお土産探し。歩いているとバリは色んな勧誘があるので、なんとなく一人だと心細かったかな。

その後はホテルのプールでバリ島最後の夜をのんびりと過ごしました。

食事は?

朝食はホテルのビュッフェをいただきました。オムレツを作るライブキッチンやパン、ミーゴレンなど様々なラインナップがありました。子供達が食べられるものは(気に入るもの)はそんなにありませんでしたが、下の子はドーナツが気に入り、沢山頬張っていました。朝からドーナツづくしなんて旅行以外では考えれませんね(笑)

その他にはホテル近くのイタリアンに行ったり、ガイドさんオススメのワルンで美味しいナシゴレンを食べたり・・・。特に食事に困ることはなく、子供達もバリのご飯は口にあったようです。

私は個人的にミーゴレンにはまって色んなミーゴレンを食べました。焼きそばとも違うし、本当に美味しい♡

因みに食事の金額はワルンでは日本円で300~500円程度でしたが、観光客が行くようなレストランでは日本と大差ありませんでした。意外と高いです。

バリ島で感じた事

今回バリで感じた事。それはアジアの混沌とした熱気です。とにかく人が多いし、どこも渋滞だらけ。さらにバイクもたくさん走っててみんな自由 。交通ルール守ってる?というようなカオス状態にビックリしました 笑 でもガイドさん曰く交通事故は少ないそうです。どうしてなのでしょうか?謎ですね(汗)

クタエリアは確かに15年前と比べるとキレイになっているし、ホテルもたくさんできています。でもやっぱりワチャワチャしている雰囲気は15年前と一緒でした。サヌールとかヌサドゥアに行けばまた違うのかもしれませんね。

さらにクタの上、レギャンビーチよりも上にはスミニャックやチャングー地域がありますが、こちらも落ち着いたカフェとか新しいホテルが多いようなので、次回はこちらにも行ってみたいと思いました♪

そしてもう一つ、バリの人はとても人懐っこい。とにかく気軽に声をかけてくるんです(笑)もちろん、物売りだったりもするんですが、断ったからって嫌な事は言わないし(たまに対応に困るけど)、ホテルの人もフレンドリーで優しい!人が良いって旅する上で重要なポイントだったりしますよね♡

リゾート開発エリアがどんどんが広がっているようなので、次回行くときはまた違う雰囲気になっているかもしれませんね。海と山があってごはんも美味しい素敵なリゾート地。1つだけ、もう少し渋滞が解消することを願って☆

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアラフォーMom'sをフォローしよう!

Naomi

主に子育て、旅行・お出かけ関係のフリーライターをしています。 結婚後、旅行好きが高じて短時間勤務で大手旅行会社の企画室や旅行予約センターで働いた経験有。 私生活では2人の男の子を子育て中でバタバタの毎日。それでも仕事はしていたい性分で”家庭”と”仕事”を両立させようと日々頑張っています。