公開日:

もしも子連れで葬儀に参列することになったら!?知っておきたい子どもの喪服とマナー


サンパライターNaOです。先日親類に不幸があり、小4と年長の子どもたちを連れて葬儀に参列しました。

子連れでの葬儀は初めてで、やはり気になるのは「粗相があってはいけない」ということ。服装や葬儀場でのふるまいなど、故人を送る最後の場で失礼があっては申し訳ないですよね。

皆さんもそういったシーンに遭遇することがあるかもしれないので、今回の体験をシェアしたいと思います。

一番気になるところ!?子どもの喪服どうしよう

当たり前ですが、葬儀というのは事前に予定が組まれているわけではなく急に行われます。故人との生前の関係性によっては、子どもも最後に見送らせてあげたいと思うのは自然なこと。

でもいざ連れて行くとなると、悩むのは服装ではないでしょうか。大人ならば礼服や黒いスーツを持っていますが、子ども用の礼服を持っているご家庭はそう多くないはず。わが家もそうでした。

子どもの正装は制服

通夜・葬儀・法事などには、幼稚園や学校の制服があるのならば、それを着せるのがベストです。今回も親類の中で幼稚園・中学・高校に通っている子は、皆制服でした。

チェック柄や白や明るめのグレーなどもあるかと思いますが、制服ならばデザインや色は問題なしです。

制服がない場合の上衣は?

白いシャツやブラウスに黒や紺色のスカートやズボンなど、制服に近い印象の服装を選びます。ジャケットはなくても大丈夫。季節によってはそのまま、寒い時期ならばダークカラーのカーディガンやセーターを重ねて着ればOKです。

息子は白いワイシャツを持っていなかったので、普段の着回しを考えて無地の長袖ポロシャツを急いで買いました。娘はたまたま持っていた白い綿ブラウスで。

制服がない場合のボトムは?

子どもの場合、ボトムスにも悩みますよね。

今回息子は小学校入学式の時のズボンが奇跡的にはけたので、そちらを着用。裾は短くなっていてくるぶし丈でしたが、うーん、まぁ許容範囲かと……汗

娘は紺色のミニスカートを着用させました。

靴下は要注意

スポンサーリンク

さすがに蛍光色やピンクをわざわざ選ぶことはないと思いますが、ポイント柄やフリルなどの飾りは迷いますよね。私個人の印象としては、悪目立ちしなければ多少のデザイン性は問題ないかと思いました。

逆に長さは注意した方がいいと思います。くるぶし丈や極端に膝上まで伸びるニーハイはNG。男児ならばズボンを履いて素肌が見えない長さ、女児ならばひざ下ぐらいの長さがいいでしょう。

靴も迷うポイント

 

ローファーや革、シンプルなデザインなどの靴は、普段は履きたがらないですよね。派手な色使いのスニーカーしか持っていないというパターンも多いのでは?うちがそうでした。

さすがにラメ入り紫の靴を履かせるのは忍びなく、娘には黒一色の靴を買いました。しかし、こちらもやはり普段使いができるように、色は黒で無地ながらもハイカットのひも付きスニーカーをチョイス。

息子は青いスニーカーのままで。他の子も靴に関してはそんな感じで、子どもの場合は派手でなければスニーカーでも問題なさそう。

髪型は

長男は少々クセがある毛質でピョンピョン跳ねてしまうので、落ち着かせるためにジェルをつけて横に流しました。

長女は黒のゴムで低い位置でひとつ結びに。高い位置に結ぶポニーテールやツインテールは、葬儀の場には似つかわしくない印象になるのでご注意を。リボンやカチューシャなどのアクセサリーはなしで。

乳児の場合は?

0歳、1歳の乳児を連れてきている親族もいましたが、無地の服だったかな?ぐらいの印象です。さすがに赤ちゃんの服装までは誰も咎めないので、あまりにも派手な色やデザインでなければ普段着せている服で問題ないと思います。

気を付けたいマナー

子どもにとって葬儀はまったく面白くない場。お経は長いし、静かに座っていなければいけないし、皆は暗い顔をしているし……。

だからこそ、事前に葬儀について説明することをおすすめします。

故人と最後にお別れする大切な時間であること、大きな声や笑い声を出す場ではないこと、ある程度の長い時間がかかるということ。例え死の意味がよくわからい年齢の子だとしても親が真剣な様子で話せば、静かにしていなければならない場だということだけは伝わるはずです。

服装やマナーで「しまった」という部分があると、厳粛な場だけでに居たたまれない気持ちになります。参列までの時間は限られているものですが、出来る限りの準備を整えて臨みたいものですね。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアラフォーMom'sをフォローしよう!

NaO

IT業界で長年勤務後、結婚~出産を経て、専業ライターへ転身しました!飽くなき好奇心を活かしてWEB媒体を中心に記事を執筆中です。シャイな9歳男子と、頑固な6歳女子の2児の母。自分の人生も子育てもどちらも楽しみたい♡ 欲張って奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Loading Facebook Comments ...