公開日: 更新日:

【気になるコト追及】コストコの消費期限切れ食品ってどうなってるの?


Sympa!では、過去にコストコのおすすめ商品ランキングをお届けしてきました。

コストコではコレ買おう!Sympa的おすすめ食品ベスト5

コストコではコレ買おう!Sympa的おすすめデリカテッセンベスト5

コストコではこれ買おう!Sympa的おすすめ日用雑貨ベスト5

調味料や冷凍食品など、取り上げたいジャンルはまだまだあります。そちらは、いずれ改めて♪

さて、そんなコストコ好きのママライターNaoですが、買い物に行くたびに気になっていたことがあります。それは、「売れ残ったり、消費期限が切れた食品は一体どうしているんだろう?」ということでした。

あれだけ大量の商品を店頭に並べていたら、売れ残ることは絶対にありますよね。かと言って、たくさん並べなければ売れないし。しかも、パンをはじめ肉や魚、惣菜など、コストコの食品ってけっこう消費期限が短いですよね。

もし売れ残りを全て廃棄しているとしたら・・・、MOTTAINAI!!

気になることは追及しよう!早速、調べてみました。

コストコの規模

15433538162_953455c319_z
出典:Mike Mozart on flickr

コストコが公式に発表している店舗数(コストコの言い方では倉庫数)は、全世界で697店舗。日本では、24店が展開されています。年間売り上げは、2015年8月30日決算で$1,162億ドル(約14兆2,700億円) !!すさまじく大規模ですよね。国別の売り上げは公表されていませんが、日本の売り上げも相当なものだと考えられます。

コストコ食品の消費期限

1003730351_2461a6ae4a_b
出典:Bev Sykes on flickr

その前に、まず「賞味期限」と「消費期限」の違いについて一緒に復習しましょう。

農林水産省のホームページによると、以下のように使い分けられるとあります。

■消費期限・・・開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、食べても安全な期限。弁当や洋生菓子など長くは保存がきかない食品に表示してあります。

■賞味期限・・・開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、おいしく食べられる期限。ハム・ソーセージやスナック菓子、缶詰など冷蔵や常温で保存がきく食品に表示してあります。

ふむふむ。なるほどね~。では、数えきれないほどの多種多様な食品を販売しているコストコで人気の高い食品の消費期限はというと。

ディナーロール・・・消費期限3日

USAビーフ肩ロース カタマリ ・・・消費期限3日

アトランティックサーモンフィレ・・・消費期限3日

バラエティーベーグル・・・消費期限3日

カークランドシグネチャーティラミス・・・消費期限4日

パエリヤ・・・消費期限翌日

ピザ・・・消費期限3日

生鮮食品やデリカテッセンの消費期限が短いのは納得ですが、パン類・生菓子類も短いですね。だいたいの食品は、2~3日が限度のようです。家庭では、小分けにして冷凍保存する場合が多いと思うので問題ないですが、商品ですから店頭では消費期限が切れたら売るわけにはいかないですよね。

コストコさんに直接聞いてみた!

hands-460872_640

わたしの疑問をずばりコストコ公式ホームページのメールフォーマットから投げかけてみました。

Question:「ディナーロールや生鮮食品など、消費期限が短い商品も多いですが、期限内に売り切れなかった商品はどのような扱いになっているのでしょうか?廃棄されるとしたらどのぐらいの量なのでしょうか?」

すると、送信から1時間半ほどで、素早く回答が返ってきました。原文のママご紹介します。

スポンサーリンク

「お問い合わせありがとうございます。全ての、デイナーロールや生鮮食品は期限を過ぎた物は廃棄しております。再利用などは一切しておりませんので御安心下さいませ。廃棄になる量や、割合については申し訳ありませんが お知らせする事が出来ません。どうかご理解くださいませ」

なるほど。すべて廃棄しているんですね。そりゃ、そうですよね。どのぐらいの量なのかという知りたかった具体的な数値については、やはり教えて頂けませんでしたが。

しかし、ここでひとつ疑問が湧き上がりました。

実は今回、コストコの消費・賞味期限切れ食品について色々と調べている過程で、フードバンクに協力しているというエピソードをいくつか見たんです。

そこで、再度(しつこくも)質問しました。

Question:「先日は質問へのご回答ありがとうございました。実は、御社がフードバンクの活動に協力されているという内容を見聞きしたことがあるのですが、本件についてよろしければ教えて頂けますでしょうか?」

すると、またもや送信から1時間半ほどで、素早い返答がありました。

「いつもご利用いただきありがとうございます。お問い合わせいただきました食品等の寄付については詳しい内容はお伝えできませんが賞味期限が間近の物で販売商品として店頭に出せないような食品(冷蔵、冷凍品含む)については一部寄付をさせていただいております。また前回のご案内させていだきました通り、賞味期限が経過した食品については全て廃棄処分をしております」

丁寧に教えてくだいました。なるほど~。

ちなみに、フードバンクとは

社会福祉活動の一環で、児童養護施設や障がい者福祉施設・ホームレス支援団体などの各種福祉施設へ無料で食品を提供する団体や活動の名称です。

食品企業の製造工程で発生する規格外品を中心に、フードバンク活動を行う団体がそれらの食品を受け取り無償で必要とする人々に届けています。

コストコでも、期限切れでない食品の一部はこういったフードバンク団体へ寄付をしているということがわかりました。

実際に「フードバンク北九州ライフアゲイン」という団体では以下のような内容をfacebookにアップしていらっしゃいました。

foodbank1

リンク:フードバンク北九州 facebook 記事

また、「NPO法人 フードバンク茨城」さんのブログには、以下のような記事がありました。

foodbank2

リンク:NPO法人 フードバンク茨城ブログ記事

私たち消費者も「知る」「考える」って大事ですよね!

普段なにげなく目にしているコストコ店頭の食品ですが、販売できなくなった商品については、少なからずこうした福祉活動団体にも寄付されていたんですね。

それでも、あの大規模な店舗展開と大量のパッケージング、消費期限の短さを考えると、廃棄される食品はおそらくかなりの量にのぼるのではないでしょうか?

もちろんそれを批判するつもりはありません。企業活動ですし、安全面からも仕方ありません。しかし、消費する側の私たちも廃棄される食品について、少しでも考えてみる、想像してみるのは、大切かなと思い、今回このような記事を書きました。

Top画像出典:Lisa Pinehill on Flickr

sympa!【サンパ】は、今後もCafeタイムに読みたい記事をどんどんアップ予定!ブックマーク登録よろしくお願いします♪

https://sympa.tokyo/TOKYO_BRAND_LOGO

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアラフォーMom'sをフォローしよう!

NaO

IT業界で長年勤務後、結婚~出産を経て、専業ライターへ転身しました。飽くなき好奇心を活かして、WEB媒体を中心に記事を執筆中です。やんちゃな10歳男子と、頑固な7歳女子の2児の母。自分の人生も子育てもどちらも楽しみたい♡ 欲張って奮闘中。

6 thoughts on “【気になるコト追及】コストコの消費期限切れ食品ってどうなってるの?

  • 2020-03-14 at 2:41 PM
    Permalink

    コストコの廃棄量すごいですよ。お米にゴディバのチョコレート、チーズタルト、オキシクリーン←なぜ?。知人がゴミ収集さてますが、それ聞いて会員やめました。

    Reply
    • 2020-03-16 at 10:34 AM
      Permalink

      サンパライターNaOです。コメントありがとうございます。やはり相当量なんですね。考えさせられます・・・。

      Reply
      • 2021-02-11 at 9:43 AM
        Permalink

        フードバンクには、消費期限切れたもの以外にもパッケージが破れたり、ぶつけたりして品が傷んだりした販売できないものもあるそうですが・・・。

        障害者の支援施設で働いてましたが、そこでもフードバンクに年会費払ってやってました。

        消費期限のものを産業廃棄ゴミ、食品ロスを減らすためといわれると、環境問題貢献とかを年会費だけで月に何度も食品を貰える(食材費削減の)ことなどを考えると、意見しにくくなるのですが、
        重度知的障害の人など自分で危険度を調べたりできない人の安全面などを考えると心が痛みます。
        厚労省、農林水産省のひとはどうおもうのかわかりませんが。

        Reply
        • 2021-02-12 at 2:38 PM
          Permalink

          実際にフードバンクを利用されていた現場からの貴重なコメントをありがとうございます。
          コメントをいただくまで、正直に言ってここまで深掘りして考えたことがありませんでした。
          農林水産省が平成31年に発表した「フードバンク実態調査事業」報告書 https://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/attach/pdf/foodbank-22.pdf
          を見ると、様々な課題があることが読み取れますね。
          フードバンク団体が食品についての知識を有していなかったり、衛生・品質を管理する設備や人手が十分でなかったり・・・。
          食品廃棄が取りざたされている昨今なので、「フードバンクは良い取り組みだ!」と、表面だけを見て声を上げそうになりますが、ご自身で選択できなかったり、判断できなかったりする受け取り側の現状も知ることが必要ですね。
          改めて考えるきっかけになりました。貴重なコメントありがとうございました。

          Reply
          • 2021-02-19 at 7:51 PM
            Permalink

            おまけに給食費として、お金も出していたりしますからね。

            こういった問題の他にも、
            フードバンク の商品をつかって加工販売までしているという客の立場からしたら
            怖い ような話も あります

            フードバンク と 施設とで当然、
            内部で食べる為とか、
            販売は禁止 などの契約は交わしていても

            「周知してませんでした」
            「知りませんでした」「すいません」「これから気をつけます」

            「そうですか、以後気をつけてくださいね」

            といった可能性も考えられます

            こうなってくると、
            コストコなどの大元の企業 フードバンク 施設
            利用者
            だけの 問題ではなくなってくると思うのですが、

            いかがでしょう ??

          • 2021-02-21 at 11:25 AM
            Permalink

            はい、
            そして さらに深刻なのは、
            そのフードバンク の商品の取り扱いについてです。

            フードバンク は善意で食品を提供しています。
            その食品を直接は当然のことですが加工して売ったりもしない約束で、配給先を信じて提供をしているわけですが、その辺りの問題点もあると思います。

            一般の消費者にも、まったく関係のない 他人事のない話しではないことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Loading Facebook Comments ...